(最終更新:2018/9/24,23:30) 

千葉 潤(jchiba)のホームページ

 自由自律/反「民共」勢力/公私の区分/境界の弊害是正/自助・共助・公助/母校は「故郷」/政治を「科学」にする/人間の安全保障/男女共同参画/老若男女生涯現役社会/元衆議院東京2区の泡沫候補/反ポピュリズム/反カルト/仙台は元祖東北・新首都圏

 プロフィール


きょうのひとこと 

きょうは2018/9/24()です。

「表裏一体」(2018/9/24)

『輸出』して 利益を得ると 『輸入』して 利益を受ける 表裏一体」-

米国訪問中の安倍晋三首相は9/24朝(日本時間)にニューヨークのトランプ・タワーで9/27の日米首脳会談に先立ってトランプ大統領と夕食を共にしながら意見交換しました(→安倍首相は記者団に対して、北朝鮮問題での日米の連携を確認し、日本人拉致被害者の家族からのメッセージを大統領に伝えたなどと。そして安倍首相自身が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と向き合い、1日も早い拉致問題の解決のためにあらゆるチャンスを逃さないという決意で取り組んでいくなどとも。ちなみにトランプ大統領は9/24夜(日本時間)に近く金正恩委員長との2回目の首脳会談を行うという見通しを示した上でポンペイオ国務長官が調整を行っていることを明らかに)。私としては現時点ではあえてコメントすることはないというのがコメントになります。

また米国のトランプ政権は9/24に知的財産権を侵害していることを理由として中国に対して関税を上乗せする「第3弾」の措置を発動しました(→参考:2018/9/18付、2018/8/23付、2018/8/10付、2018/6/16付。米通商法301条に基づいた措置の「第3弾」。さらに2000億ドルの輸入品に10%の関税を上乗せ。中国からの輸入品のほぼ1/2が関税上乗せ措置の対象に。一方の中国も米国からの600億ドルの輸入品に最大で10%の関税を上乗せする報復措置を発動し、米国からの輸入の70%に関税を上乗せ)。米国と中国の報復関税の応酬は「貿易戦争」と言わざるを得ない段階にまで悪化しています。

率直に言わせてもらうのならば、「貿易戦争」の今こそあえて経済や貿易の基本的なしくみなどの基礎知識を確認しておく必要がありそうです。今現在米国の消費者はいったい何を外国から好んで買っているのでしょうか? それはすべて米国の業者が米国内で生産することができるものばかりなのでしょうか? 今現在米国の消費者が外国から好んで買っている商品と全く同じ商品は米国内でもつくることができるのでしょうか? もしも米国内の消費者が米国内でつくることができないものを外国から買って生活を豊かにしているのならば、それだけで米国の消費者は「貿易赤字」をはるかに上回る利益を得ていると考えることができるようになるのです。米国がどこかの国から輸入するということは、どこかの国が米国に輸出することによって利益を得ていると同時に、輸入した米国の消費者も、その商品を外国から輸入しなかったならば実現できなかったような豊かな生活を輸入することによって初めて実現することができるようになるという形で利益を得ていることになるわけです。あえて言い換えるのならば、貿易というものは、輸出するどこかの国の側だけではなく、輸入して「貿易赤字」になる米国の側にも利益があるのです。どこかの国が米国に「輸出」して利益を得ると、どこかの国から「輸入」する米国も利益を受けるという「表裏一体」の関係にあるのです。

例えば、米国の消費者が外国から好んで買っている商品と全く同じ商品を米国内でつくることができる場合を考えてみることにします。もしも今現在米国の消費者が外国から好んで買っている商品と全く同じ商品を米国内でつくることができたとしても、その商品を今と同じかそれ以下の値段で全く同じ量だけつくることができるのでしょうか? もしも今現在米国の消費者が外国から好んで買っている商品を米国内で今と同じかそれ以下の値段で全く同じ量だけつくることができないのならば、関税上乗せなどによって米国内の消費者は今まで好んで買っていた商品を高い値段で買わなければならなくなってしまうはずです。くどいようですが、貿易というものは、輸出するどこかの国の側だけではなく、輸入して「貿易赤字」になる米国の側にも利益があるのです。どんなに少なくとも自由貿易は米国の消費者には利益をもたらしているはずなのです。「貿易戦争」の今こそあえて経済や貿易の基本的なしくみなどの基礎知識を確認しておく必要があります。この問題についてはまたすぐに取り上げることにします。

=======================================

 (twitterhttp://twitter.com/jchiba_net

Facebookhttp://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)

(ブログ版:http://blog.goo.ne.jp/jchiba_nethttp://blog.goo.ne.jp/jchiba_g)


http://vcgi.mmjp.or.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=dstyle.dat|domain=http://www.jchiba.net|sh=N|st=2500|df=test1.dat

http://vcgi.mmjp.or.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=dstyle.dat|domain=http://www.jchiba.net|sh=N|st=100|df=all1.dat

 当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は千葉潤に帰属します。
Copyright1997-2018 Jun Chiba No reproduction or republication without written permission.