(最終更新:2018/4/23,23:30) 

千葉 潤(jchiba)のホームページ

 自由自律/反「民共」勢力/公私の区分/境界の弊害是正/自助・共助・公助/母校は「故郷」/政治を「科学」にする/人間の安全保障/男女共同参画/老若男女生涯現役社会/元衆議院東京2区の泡沫候補/反ポピュリズム/反カルト/仙台は元祖東北・新首都圏

 プロフィール


きょうのひとこと 

きょうは2018/4/23()です。

「解決できる?」(2018/4/23)

不祥事で すぐに辞めろと 言うことで すぐに問題 解決できる?」-

きょうは久しぶりに永田町周辺で当然のように何度も繰り返されているおかしなことについて少しだけ考えてみることにしようと思います。例えば、永田町周辺の野党の人間たちは政府や与党の中で何か不祥事が明らかになるとすぐに辞めろと主張する傾向があります。しかし、辞めれば本当に問題が解決するのでしょうか?

どこかの省庁で不祥事が明らかになると野党の人間たちはそう遠くないうちに「監督責任」のある大臣は辞任するべきなどというセリフを繰り返すようになります。確かに大臣には「監督責任」はあるのだろうと思います。でも、本当にすぐに大臣が辞めなければならないのでしょうか? 仮に大臣を辞めなくてはならないとしても責任を持って不祥事の再発防止策を講じてから辞めるということは許されないのでしょうか? どういうわけか永田町周辺の野党の人間たちの中には不祥事が明らかになると「待っていました」とばかりにすぐに辞めろ辞めろと騒ぎ出す人間たちが少なくないのです。政府・与党側の不祥事を好機として自分たちの主張をさももっともらしく主張し始める人間たちにはうんざりさせられます。

くどいようですが、辞めれば本当に問題は解決するのでしょうか? どんなに少なくとも辞めさえすればすぐにでも問題が解決するというわけではないことは誰の目にも明らかです。しかし、10年ぐらい前には「政権交代」が実現すればあれも良くなるこれも良くなるなどとすぐに叫び始める人間たちがいたのです。あえて言い換えれば、「政権交代」ということは政府・与党をまとめて辞めさせるということになります。しかし、「政権交代」が実現して本当にあれも良くなってこれも良くなったのでしょうか? 繰り返しになりますが、政府・与党側の不祥事を好機として自分たちの主張をさももっともらしく主張し始める人間たちにはうんざりさせられます。

政府・与党側に不祥事が明らかになると、そのたびに自分たちの主張をさももっともらしく主張するだけの人間たちに本当に問題を解決する能力があるのでしょうか? 本当に辞めればすぐに問題は解決するのでしょうか? そんなわけがないということは「政権交代」を実現した旧民主党政権時代のいくつかの出来事を思い起こすだけでもすぐに気づくはずです。ごく普通の多くの人たちは政府・与党側の不祥事を好機として自分たちの主張をさももっともらしく主張するだけの人間たちを本当に信用するのでしょうか? 政府・与党側の不祥事を好機として自分たちの主張をさももっともらしく主張し始める人間たちがいつまでも野党のままであり続けるという場合にはもっともな理由があるのです。きょうのところはこの程度にとどめることにしておきます。

=======================================

 (twitterhttp://twitter.com/jchiba_net

Facebookhttp://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)

(ブログ版:http://blog.goo.ne.jp/jchiba_nethttp://blog.goo.ne.jp/jchiba_g)


http://vcgi.mmjp.or.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=dstyle.dat|domain=http://www.jchiba.net|sh=N|st=2500|df=test1.dat

http://vcgi.mmjp.or.jp/cgi-bin/Count.cgi?df=dstyle.dat|domain=http://www.jchiba.net|sh=N|st=100|df=all1.dat

 当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は千葉潤に帰属します。
Copyright1997-2018 Jun Chiba No reproduction or republication without written permission.